マンションオーナー様の悩みを解消!賃貸の浴室・ユニットバスリフォーム


マンションオーナー様の悩みを解消

住宅は一度建てるとそうそう間取りなど変わるものでもなく、築10年以上経つと新規で入居される方は値段が安いという理由で一時的に入るなどが多くなってきます。

継続的に入居してくれる方なら良いですが、入れ代わりが激しくなり、そのうち空室も増えてきてしまうので段々と管理会社からは「家賃を下げて入居者を増やしては?」としかいわれなくなり、それでも入居者が伸び悩んでしまうなどの悩みを抱えることが多いです。

またそれまではよかったものの、近くに新しいマンションができてしまった。

より新しく家賃が低いところができてしまった、きれいなマンションができてしまった、そんなことから入居者を取られてしまう場合もありますので、オーナー様はあの手この手で入居者様を増やさないといけません。

その方法の一つでリノベーションがあり、もともとの部屋を手を加えて再生することをいいます。

築10年以上経つとやはり古臭い部屋になり、特にいまフローリングの部屋が主流な中で古い畳の和室を未だに置いておいても入居者が増えることは、よほど家賃が安くない限りありえないことでしょう。

一次的な入居ならともかく、長期にわたる入居やまた女性入居者は、やはりきれいな部屋を選びたいものです。

古い畳の部屋はまず最初に不動産仲介会社からですら候補から外されることも多いので、入居者を増やすのはとても難しいものとなります。

そんな住宅にいま導入されているのがリノベーションですが、高額な見積もりを出されたり、空室の原因がわからないまま行って結局全く空室が改善されず、その費用だけが手元にのこってしまったという最悪のケースすらあります。

そんなことが起こらないように、しっかりと原因を見極めてリノベーションを行ってくれる、そんな会社を探して根本的な原因から改善できるようにしなければなりません。

単なる施工業者ですと、リノベーションだけしかできないので極端な話をするとその後どう入居者を伸ばすかなどは考えていません。
より信用できる業者として上げられるのが不動産、賃貸管理業務の実績がありリノベーション業務を行っている業者。

そういったところでは単なるリノベーションだけではなく、より空室を改善するための根本的な見直しから始まり、またお値段も通常の施工業者に頼むよりも安くなっておりますので安心しておまかせいただけるでしょう。

管理会社を通じて施工してもらうと大抵が高額な見積もりを出され、そのまま施工し結局全く成果が得られなかった、そんなときも多々あります。

そうならないようにも大家さんにはより良質の業者を管理会社を通さず自分で探して頂く必要があります。


 

手の届く価格が大切

  
 
<Before & After>


無理をして高額なリノベーションを行ったところで、結局大家さんが大赤字となってしまうものです。


そしてリノベーションを行ったからといってすぐに入居者が決まるとは限らないので、空室の期間が延びれば延びるほどに大家さんの経済的な負担は深刻なものになっていきます。

特に水周りは劣化が激しい上に、そこが汚いと入居者は本当に寄り付かないものとなります。

入居者を増やす、そこからの改善を行っているリノベーション業者ではそのあたりもしっかり把握しており、重要視していますのでそんなユニットバスの改善のプランを立てています。

汚れて劣化した浴室をキレイに塗装、またシャワーなどの交換をし、新品同様で流行のデザインに作り変えるなどのプランがあります。

曇ったガラスも取り替えられ、全面コーティング塗装。築年数も長く、古く汚くなっていた浴室も新品同様に生まれ変わらせることが出来ます。

それまで踏み込むのも嫌だった、そんな浴室も136000円で、フルコーティングでなくアクセントシートなどで施工する場合は83000円、いずれも交通費、諸経費込みで承っています。

標準営業エリアがありますので、それ以外の場所ですと別途交通費が必要ですが、それを見積もっても格安でリノベーションを受けてくれるのです。

勿論コーティングだけではなく、ユニットバス自体がもうサビつき、多少コーティングしても次はそのまま壊れてしまうのではないか。

あるいは浴槽の形状自体を変えたい、そんなときはユニットバス自体を交換することも施工例から算出した費用で335000~435000円で行うことが出来ます。

もちろん廃材処分などの費用も含まれていますので、別途処分費用を請求されることもございません。

ですがあくまでも、もともとの形状を基本にして再生するものなので、浴室の広さを変えたいなどには対応しておりません。

価格も抑えてリノベーションがしたい、またしっかり入居者を入れるための施工を行ってもらいたい。

またこういうリノベーションを行った時に、やっぱりこうしたらよかった…という意見があったなどの、セカンドオピニオンが聞きたい。

いずれも入居者をいれたい、そんな大家さんには大切なことなので、いずれもきっちりサポートしてくれるリノベーション業者がいればとても安心です。

またこれから入居者を探す、という段階でなく入居者が決定してからリノベーションを行う為、資金面でも一層リスクが少ないというのもメリットでしょう。

また入居者様が決まってからという点で、これから入られる新規入居者様にもデザインを決める権利があります。

それを売り出すことで入居者様に対してもメリットを。そして高めの賃料の契約も結びやすくなるので、互いにメリットが得られるようになります。


 

入居者様増加が一番大切

  
 
<Before & After>


どれだけいいリノベーションを行ったとしても、結局入居者様が増えなければ意味がありません。

いい部屋に再生しても、そのまま空室というのは一番勿体無いことです。

管理会社を通せばリノベーションなどの手続きが簡単でしょうが、結局入居者を実際増やす、という点ではあまりアテにならないのが事実です。

また提携している施工会社は大抵、けして安いとはいえない見積もりを出してくるのが常となっています。

そして施工業者に疎い場合これらを鵜呑みにしてしまい、結局高い施工料金を支払い、それ以降やはり入居者が増えず、家賃を下げざるをえないという場合もあるのです。

そのため、より入居者様が入ってくれるような部屋作りを一緒に行ってくれる、そんな施工会社にリノベーションを依頼するのが何よりも大切なこととなります。

この際に、不動産、賃貸管理実績もあるところを選択すると、より大家目線からリのベーションを行ってくれますので安心して任せられるでしょう。

また最近デザイナーズマンションなども流行しており、よりオシャレな部屋を求める傾向もあります。

多少家賃が高くても、長くオシャレな部屋に住みたい!そんな願望がある入居者様も多いものです。

そのため自分が入居すると決まれば、これからのリノベーションに自分好みのデザインが取り入れられる、築年数が古いからこそ、自分たちの好みにまた作り変えることができる…そんな付加価値を感じ、多少家賃が高くても入居し、長期契約に繋がります。

先にリノベーションに着手して入居者様を待つというのは大家様にとってはとてもリスクが高いものです。

リノベーションを考えた時、セカンドオピニオンサービスも受けつつ決まった入居者様とともにリノベーション施工に携わる、リスクの高い方法をとらなくてもいまはそういう風に立ち回ることでより新規入居者様も納得のいく入居ができ、大家様も長期間に及んでいた空室問題に悩まなくなります。

 

おすすめの店舗

 



Renotta(リノッタ)は、単に古いお部屋を闇雲に新しくするリフォームとは違います。
リフォームで修正を加えるやり方ではなく、
リノベーションの力で劇的に付加価値を高める総合ソリューションサービスです。


   

 

[お風呂のリフレッシュ] Q&A

   

<Before & After>



Q1 どのような方法で施工をするのですか?
A 専用の塗料を吹き付けたり、パネルを防水ボンドで貼り付ける方法を用い、お風呂を取り壊さず、早く、きれいに新品同様に再生させます。従来のお風呂リフォームと違い、既存のお風呂をそのまま活かす施工方法なので、お風呂を広くしたい、型を変えたいというお客様には不向きです。
 
Q2 塗料はどのようなものですか?
A お風呂リフォームの為に開発された専用塗料で、(財)日本塗料検査協会での試験で、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドが検出されず安全性が確認されております。またバスマジックリンを使用しての試験では3,600回洗浄しても異常がなく、耐久性も確認されております。
 
Q3 パネルはどのようなものですか?
A リンテック㈱の製品であるパロアシート(塩化ビニール)を塩ビの板材に貼り合わせたものです。壁・天井に貼り付けます。厚さは3.2mmです。
 
Q4 初めて聞いた施工方法ですが過去の実績はあるのでしょうか?
A この施工方法は一般の方にはあまり知られていませんが、賃貸マンション・分譲マンション・ホテル・戸建・会社の寮・特養施設などで豊富な実績があります。
 
Q5 施工日数はどれくらいですか?
A 塗料の吹き付けのみの施工方法で2~3日です。(お風呂の傷みの程度で変わります。)
  パネルとの組み合せの場合で3~4日です。
 
Q6 どれくらいの期間お風呂に入れないのでしょうか?
A 施工終了日にはシャワーをお使いになるのが可能です。翌日から浴槽にお湯を張ることができます。ただし、施工後2週間ぐらいはお風呂を使われた後、すぐにお湯を抜いてください。なお、洗い場床パネル貼付の場合は、シャワーの使用も翌日からになさってください。
 
Q7 施工の時間帯はどうですか?
A 通常は午前9時から午後5時までです。
 
Q8 施工期間中は外出出来ないのですか?
A 貴重品を置かないようにして、お客様の判断でお願いいたします。
 
Q9 施工に入る前に用意することはありますか?
A お風呂内の備品(浴槽フタ・シャンプーなど)を片付けておいてください。
 
Q10 浴槽が割れていますが直りますか?
A 実物の確認が必要ですが、あらゆる状況に対応出来ます。
 
Q11 頑固なカビに困っていますが解消出来ますか?
A 現状生えているカビを落とします。しかし施工後は掃除と換気に気をつけて新しいカビが生えないようにご注意ください。
 
Q12 サビが気になるのですが処理出来ますか?
A 現状のサビを落とした後に、サビ止め剤の塗布やパテの注入の後、塗装やパネル貼付します。
 
 
Q13保証期間はどれくらいですか?
A 施工不良による塗料のハガレは3年間無償補修いたします。
 
Q14塗装による工法では臭いはありますか?
A 塗装による工法の場合、臭いが出ます。その対処方法の1つとして、ダクトファンを使ってお風呂から屋外へ強制排気を行います。通常施工終了後2日程度で臭いはほとんど無くなります。
 
Q15ご近所にご迷惑を掛けることはないですか?
A 塗装による工法の場合、作業時に塗装機と強制排気をするダクトファンの音がします。電気掃除機より少し大きい程度です。時間は1時間ほどです。
 
Q16施工の過失により住宅・家具などに被害が生じた場合の対策はどうですか?
A 現在までそのような事例はないのですが、万一の場合に備えて、材料・道具などの搬入から施工完了引渡しまでの間にご迷惑を掛けるようなことが生じた場合に備えて、AIUの工事損害賠償責任保険に加入しております。
 
Q17 シャワー・水栓器具を新しい物にしたいのですが出来ますか?
A 別途費用が掛かりますが出来ます。ご相談ください。
 
Q18 浴室乾燥機を設置出来ますか?
A 別途費用が掛かりますが出来ます。ご相談ください。
 
Q19 手すりは取り付けられますか?
A お風呂の壁の状況により可能な場合もあります。別途費用が掛かります。
 
Q20 耐温水性、耐薬品性はどうですか?
A 問題ありません。ただし、ヘアカラーの液が長時間ついたままですと、色が染み付きます。また、入浴剤や殺菌剤などを使われると浴槽底部に沈殿物などがたまって変色した様に見える場合があります。
 
Q21 施工後の手入れはどうすればよいですか?
A 掃除はスポンジなどの柔らかい材質の物を使用してください、以前より簡単にきれいになります。硬い物は塗装面を傷つけますので使用を避けてください。